許認可

建設業
監理技術者等が工事現場に専任すべき工事はどんな工事?新着!!

建設業法第26条において、「公共性のある施設若しくは工作物又は多数の者が利用する施設若しくは工作物に関する重要な建設工事に設置される監理技術者等は、工事現場ごとに専任の者でなければなりません。」とあります。 この「公共性 […]

続きを読む
建設業
社員数が変わったら提出する書類「使用人数と健康保険等の加入状況」について

決算変更届では、前決算期から、使用人数や従業員数が変わった場合、「使用人数(様式第4号)」や「健康保険等の加入状況(様式第7号の3)」を併せて提出する必要があります。 具体的な社員等の状況例 下記のような従業員の状況を例 […]

続きを読む
許認可
宅地建物取引業の専任の宅地建物取引士の申請・届出書類で証明書が不要となっています

令和6年5月25日以降、宅地建物取引業法施行規則(昭和32年建設省令第12号)と大阪府宅地建物取引業法施行細則(昭和40年大阪府規則第15号)が改正されたことにより、●宅地建物取引業免許申請(新規申請・免許換え申請・更新 […]

続きを読む
建設業
大阪府「テイクオフ支援事業(補助上限100万円)」の受付は、6/3~6/28(建設業・運輸業は50万円上乗せ可)

原油・物価高騰や円安、人手不足等の影響により、経営が圧迫され厳しい状況に置かれている事業者が、新事業展開を早期に実現させ成長することを目的に、大阪府が実施する「新事業展開テイクオフ支援事業」の受付が6/3に開始されす。 […]

続きを読む
建設業
業種追加の申請書類について

業種追加の申請書類は、新規申請とほぼ同じです。 下記の申請書類一覧でもわかるように変更がなければ省略することができる書類があります。 申請書類の一覧(法人の場合のみ記載) 法人・個人それぞれ用に様式が決められています。建 […]

続きを読む